AKAITO 物語

Akaito Japanese Saffron™の物語は、職人技、革新、細心の 注意、という世界で卓越した当社の文化と共に始 まります。 当社の文化の強みの1つは、職人の技 と生産効率を組み合わせる能力です。 Akaito Japanese Saffron™は、ISO 3632 サフランI 類(最高級)を超えています―世界中で栽培され ているサフランの中でも最高級にあたります。

Mobirise

AKAITO 大地

⼭々に囲まれ、願ってもない微気候*と⽕⼭性の  沃な⼟壌に恵まれた私たちの畑は 世界最⾼クラスの 「Akaitoサフラン」を育成するのに絶好の養分と環境 を与えてくれます。

しかも私たちのサフラン 農場は、⽇本式サフラン栽培の伝統と相俟って⼀つの⽂化的な ⽣態系を形成しています。家族的伝統と⽣活様式が⾃ 然と⼀体化している点こそ、「Akaitoサフラン」の魂 です。

Mobirise

AKAITO 日本の球茎

「Akaitoサフラン」の物語は花の球根に似た球根から始まります。球根は、ちょうど「バッテリー」のよ うに、サフランの個体が成⾧し花を咲かせる⼒の供給 源となります。健康で⼤きい球根であればあるほど、蓄えたエネルギーと養分が多く、⾹り、⾵味、⾊味な ど、150種を超える諸成分のぎっしり詰まった⼒強い花を咲かせます。

「Akaitoサフラン」の球根は、外国産に⽐べ、⼤き さが2倍、密度が4倍で、300年続く優良種です。その 中から最良の球 だけが として翌年のために作付け されます。加えてわが社独⾃の休眠法と繁殖法により、⼀層の品質向上と改良が施されます。

Mobirise

AKAITO 独自の栽培方法

わが社の栽培⽅法は企業秘密ですが、製品の品質は秘密ではありません。「Akaitoサフラン」は、どの ⼀本も⾊、⾹り、⾵味の上で他を圧倒する品質を備えています。

まず、栽培⽅法から違います。⼀つひとつ丁寧に ⼿植えされたサフランの球根は、数か⽉間地中で⾃然 に「充電」して⾏きます。つぎに、その球根を堀り上 げて、⽣育環境の整えられた昔ながらの⼩屋で休眠させます。そうすることで、球根を埃や汚染物質、悪天候、紫外線などから守ります。

Mobirise

AKAITO 式:伝統、化学、プロセス

Akaito Japanese Saffronの栽培、加工、流通の すべての工程は、「Akaito式」によって管理されています。

「Akaitoサフラン」は、栽培、⽣産、流通のプロセ スすべてにわたり、細部まで「Akaito⽅式」でかれ ています。先端的な科学技術と⽇本式の栽培⽅法が Akaito独⾃のサフラン⽣産の⼆つの柱であるとすれば、三つ⽬として⽇本の⽂化を加えないわけには⾏き ません生産技術、独立した ISO研究室での「二重盲検」薬事評価試験を 統合しました。⽇本⽂化の強みの⼀つは、職⼈の技と⽣産効率を巧みに組み合わせる能⼒です。たとえばサフランの⽣産過程に数百年の伝統を持つ養蚕技術を取り⼊れ たのがその⼀例です。

「Akaitoサフラン」は、世界最⾼であるだけで満⾜ することなく、Akaito⽅式に則り絶えず改善を続け、 更なる⾼みを⽬指していきます。

Mobirise

AKAITO MASTER

Akaito の⽣産 は皆、熟練のプロフェッショナル です。各⼈が⽇本式サフラン栽培技術において40年か ら60年の経 と専⾨知識を備え、Akaito⽅式に従って 世界最⾼のサフランを⽣産すべく、その⼯程を厳格に 管理しています。誰もが地元で⾧年農業にたずさわ り、代々培われてきた、農家の伝統を⾝につけています。

彼らの専⾨的な経験と知識は、本に書かれていること、研究開発、あるいは⽣産の手順などよりはるか に貴重です。 Akaitoの⽣産者たちは、サフランの球根 に触れただけで、その良し悪しを⾒抜くことが出来ます。こうした勘はごく若いうちに芽⽣え、⾧年の経験によって培われるものです。

⽇本の⼑鍛冶が⼀振りの刃に魂を吹き込むように、「Akaitoサフラン」には、Akaitoの達⼈たちに よって⽣み出され、育まれ、守られてきた「魂」がこもっています。

Mobirise

その結果

Akaito Japanese Saffron™は、クロシン(色)、ピクロクロシン(風味)、サフラナール(香味)の3つの主要な成分の測定値について、ISO3632サフランI類(最高級)を超えています。そのため私たち は、特級サフランの⽣産者としての優位性を保ち続けるために、⽬標をさらに⾼く設定し、2022年の収穫期 までにISO 3632サフラン規格I類の200%達成を⽬指しています。

Akaito, Limited.   
Shinmachi 3-21-1, Setagaya-ku, Tokyo 154-0014 Japan
154-0014 東京都世田谷区新町 3-21-1
info {at} akai-to {dot} com         T: +81 (0)3 5413 8425

© 2021 Akaito, Limited. All Rights Reserved.

Mobirise web page creator - See it