サフラン

サフラン

サフラン

 

Akaitoサフラン®の
卓越したパフォーマンスと
倫理的な生産方法が、
使用されるお客様のブランド価値を守り、
法令に遵守し、他社との差別化につながります。

Akaitoサフラン®は、
私たちの管理のもと、
私たちの手によって直接生産された
「Made in Japan」の食品です。
現在多くの店舗で販売されている
世界の95%以上のサフランとは異なり、
Akaitoサフラン®は子供や女性の搾取、
組織犯罪やテロ国家の関与なしに
生産されていることをお約束いたします。

 


AKAITO SAFFRON®: MADE IN JAPAN


Akaitoの流儀Akaito 流儀

日本文化の最大の強みは、匠の技と生産効率を両立させる能力を持ち合わせていることです。

それと同じように、Akaitoサフラン®を作るため、Akaitoは300年にわたる日本のサフラン栽培の伝統と知恵を、21世紀の最先端の科学、技術、プロセスと融合させました。  

しかし、その手法やノウハウも、Akaitoのテロワールと球茎という自然からの貴重な贈り物なくしては十分ではありません。


Akaitoの球茎

球根のような球茎は、天然の貯蔵庫のようなもので、サフランの成長と開花の原動力となります。 

ふっくらとした球茎は、香り、味、色の元となる化合物を高濃度に含んだ良質のサフランを生み出します。

Akaitoの球茎は日本で300年の歴史があります。その間に改良が重ねられ、大きさは2倍、密度は4倍と、世界でも最大級の大きさと品質を誇っています。

そして、私たちもまた、毎年Akaitoの流儀による球茎の改良を続けています。

 


Akaitoの球茎

球根のような球茎は、天然の貯蔵庫のようなもので、サフランの成長と開花の原動力となります。 

ふっくらとした球茎は、香り、味、色の元となる化合物を高濃度に含んだ良質のサフランを生み出します。

Akaitoの球茎は日本で300年の歴史があります。その間に改良が重ねられ、大きさは2倍、密度は4倍と、世界でも最大級の大きさと品質を誇っています。

そして、私たちもまた、毎年Akaitoの流儀による球茎の改良を続けています。

 


Akaitoの栽培方法

私たちのサフランの栽培過程は、世界でも類を見ないほど多くの手順を経て、細心の配慮がなされています。そのほとんどは企業秘密ですが、球茎を育て、花を収穫する方法を知っていただくために、少しご紹介いたします。

まずAkaitoのテロワールに球茎を一つ一つ手で植え、数ヶ月間、日光と栄養を自然に蓄えさせます。

その後、球茎を収穫。冬眠期間中には、埃や汚染物質、天候の影響、紫外線、病原体などの有害物質から球茎を保護しながら育てます。

晩秋の涼しい気候になると、2週間足らずの間に次々と球茎が開花します。

毎日何度も開花状況を確認し、発育の良い花や茎を選び、摘み取ります。

私たちは研究開発を積極的に行なっていますが、あえて技術に頼らないこともあります。例えば、サフランの茎の収穫は、一見すると簡単に自動化できそうですが実際は大変手間のかかる作業です。

科学者、エンジニア、そして農家の努力にもかかわらず、世界のサフラン産業では未だに自動化の方法が見つかっていません。将来的には、人工知能やロボット工学の進歩は期待できるでしょうが、少なくとも当面の間は、どんな技術も人間が収穫する際の判断力、感性、正確な作業に取って代わることはできない、というのが私たちの結論です。

Akaitoサフラン®︎の収穫を行う者には、外科医のような繊細さ、正確さ、そして素早さ必要です。その結果、形、長さ、色、香り、そして成分おいて、世界で最も優れたサフランのめしべが収穫されるのです。

次に、最大の企業秘密ともいえるのは乾燥方法です。

サフランのめしべを乾燥させると、香り成分が弱まり、その分、味と色の成分が強まります。つまり、香りを犠牲にすることで味と色がが良くなるのです。Akaitoの乾燥方法は、サフランの香り成分を最大限に残しつつ、色と味を最適化しています。

Akaitoサフラン®をご覧いただき、その香りを確認していただければ、きっと皆様にも納得していただけるでしょう。


Akaitoサフラン®

Akaitoサフラン®は、ISO 3632 Grade I Saffron Standardを超え、世界の「レッドゴールド」と呼ばれる一般的なサフランをはるかに上回っています。

Akaitoサフラン®は、ISO認定の独立研究所が、年間を通してサンプル二重盲検試験での品質検査を行なっています。クロシン(色)、ピクロクロシン(風味)、サフラナール(香り)の標準的項目の他にも、品質管理と研究プログラムの一環として、15項目の検査を行っています。

量的にも質的にも、あらゆる指標において、Akaitoサフラン®は一般的な「レッドゴールド」サフランを凌駕しているのです。  

乾燥させた後は、日本の伝統的な桐箱を用いたパッケージに速やかに包装することで、Akaitoサフラン®は清潔に長期間、品質を損なうことなく保存することが可能になります。 

また、トレーサビリティ、セキュリティ、そして独立監査が、Akaitoのサフラン製造のすべてのステップに密接に関わっています。Akaitoは、Akaitoサフラン®の品質保証を厳格に行なっています。

Akaitoは、偽物が世に出回ることを防ぐために様々な対策を講じています。中でも重要なのは、Akaitoサフラン®の各箱に貼られたデジタルのAkaitoシールです。その他、一般には公開していない不正防止技術も採用しています。


Akaitoサフラン®

Akaitoサフラン®は、ISO 3632 Grade I Saffron Standardを超え、世界の「レッドゴールド」と呼ばれる一般的なサフランをはるかに上回っています。

Akaitoサフラン®は、ISO認定の独立研究所が、年間を通してサンプル二重盲検試験での品質検査を行なっています。クロシン(色)、ピクロクロシン(風味)、サフラナール(香り)の標準的項目の他にも、品質管理と研究プログラムの一環として、15項目の検査を行っています。

量的にも質的にも、あらゆる指標において、Akaitoサフラン®は一般的な「レッドゴールド」サフランを凌駕しているのです。  

乾燥させた後は、日本の伝統的な桐箱を用いたパッケージに速やかに包装することで、Akaitoサフラン®は清潔に長期間、品質を損なうことなく保存することが可能になります。 

また、トレーサビリティ、セキュリティ、そして独立監査が、Akaitoのサフラン製造のすべてのステップに密接に関わっています。Akaitoは、Akaitoサフラン®の品質保証を厳格に行なっています。

Akaitoは、偽物が世に出回ることを防ぐために様々な対策を講じています。中でも重要なのは、Akaitoサフラン®の各箱に貼られたデジタルのAkaitoシールです。その他、一般には公開していない不正防止技術も採用しています。


購入方法


2021年12月のAkaitoサフラン®︎の収穫は、量と質の両面で、これまでの栽培記録を更新しました。収穫量が飛躍的に伸びただけでなく、「Akaitoの流儀」の応用することで、私たちは生産方法を改善し、Akaitoサフラン®の新しい可能性を見出しました。それを活かす新たなAkaitoサフラン®︎用途を追求し、これからも革新を続けていきます。

2022年収穫分については、収穫後24時間以内に農園から直送する「Akaito First Cut」を数量限定でプレミア販売するなど、9月から予約受付を開始する予定です。 詳しくは下記営業部までお問い合わせください。

Akaitoサフラン®、Akaito Fine Extracts®、Made with Akaito®ブランド製品に関するお問い合わせは、営業統括責任者の伊藤嘉紀(ito@akaito.jp)までご連絡願います。



お問合せフォーム

CORPORATE LEGAL PRIVACYPOLICY    

Copyright © 2022 Akaito Saffron, All rights reserved.